オクトー*今月のコラム 『Is it true?』
Octo Speace Of Healimg
イメージ
イメージ
オクトーで受講出来るオーラソーマのコースについて
Is it true?

11月のコラムは、結局お休みになりました。
「毎月楽しみにしているのに、直央子さん、どうされたのですか?」
とご心配のお声をたくさんいただきました。ありがとうございます。私は元気です。

「直央子さんも人間でしたね。」
と、いってくださる方も何人かいらっしゃいました。

「そうか、私のことを人間だと思っていなかった人もいたんだ・・・」
と苦笑しました。

人はいつも何かに追われています。ほとんどの人は、仕事のこと、生活のこと、お金のこと、人間関係のことなど、いつも何かに追われていて、「今ここ」にフォーカスができません。朝食を食べながら今日の仕事のことを考え、朝ご飯の食器を洗いながら主婦の皆さんはすでに夕食のメニューに頭を悩ませているかもしれません。そして、明日のこと、来月のこと、未来のことを考えています。

私も毎月末が近くなると、
「サイトのアップをしなければ・・・原稿を書かなければ・・・」
と少し焦ってきます。

特にこのコラムは私にとって大切にしているページですし、2005年にこれを始めて以来、毎月欠かさずに続けてきました。このページを作ることは、私自身が私自身に向き合い、そしてオーラソーマの学びを深めることにもなりました。

でも10月末、一旦仕上げた原稿をどうしてもアップする気になれず、結局は放り出したままにしておいたのでした。

そして「今ここ」にフォーカスしようと思ったのです。今の「しなければならない」という気持ちを一旦脇にどけて、「本当にこれを書きたいのか」「これでいいのか」のほうに焦点を当てようと思いました。「アップする気になれない」私自身の気持ちを見てみようと思ったのです。「いつも楽しみにしています」といってくださる方たちの顔が浮かびました。ウェブデザイナーのブルーベアさんがずっとはらはらしながら私の原稿を待ってくれていることも承知していました。でも結局、困り顔のブルーベアさんにお願いして、「只今制作中です」のコメントを思い切って出してもらいました。

そして11月、ウルフガングの個人セッションとセンシティビティー・トレーニングが行われ、コラムをアップしていないことなどすっかり忘れてしまっていました。

ウルフガングが来日していた最中にも「コラムまだですか〜?」と尋ねられたりしましたが、「はい。そのうちに」と答えていました。

でも書かなかったことがわたしの思い。「コラム」になりました。

「私は準備中です」と言えること。

これで良かったのだと思います。

ウルフガングとともにいた10日間、私はたくさんの人の涙と笑顔を見ていました。

彼は何度もクライアントや、生徒たちや、私に「それでいいですか?」「準備はできていますか?」「それは真実ですか(Is it true)?」と尋ねました。

何が真実なのか、それは「今ここ」にいなければわからない。

これが今回、私が学んだことのひとつです。

未来や相手への期待、過去からの判断、ジャッジメント・・・それらは「今ここ」ではありません。ウルフガングの言葉を借りれば、「曇ったメガネで見ている」こと。

何が真実なのかは「過去でも未来でもない、今この瞬間の自分自身とつながること」で解るのだと思います。

オーラソーマではそのことを、「スターとつながる」といいます。

今回も、ウルフガングはわたしたちに美しい歌を残してくれました。

歌詞も意味もコースの中では語られませんでした。ただ黙ってサークルを組んでこの歌を聴きました。でもたくさんの参加者が、この美しい歌に共鳴し、感動し、涙を流しました。

これは私たちの内なる魂、そして無垢で美しいインナーチャイルドのための歌です。

通訳のマリエルさんが、歌詞を聞き取って書いてくれましたので、シェアします。

How could anyone ever tell you
You are anything less than beautiful
How could anyone ever tell you
You are less than whole
How could anyone fail to notice that your loving is a miracle
How deeply you’re connected to my soul
(song by Shaina Noll 〜Songs for the inner child)

今のあなたが輝きますように。
人生をフルに生きていくことができますように。
自分自身に「イエス」ということができますように。

すべての存在が健やかで、幸せで、自由でありますように。

悲しい気持ち、悔しい気持ち、報われない気持ち、怒りや不安を感じるとき、自分自身に尋ねてください。“Is it true?”「それは真実ですか?」と。
そして、深いところにある「あなた自身」に答えを求めてみてください。
きっとすべてはあなた自身が知っています。

「それでもよくわからない」という方は、どうぞボトルに会いにきてください。

オーラソーマでは、魂の鏡であるボトルの色を通して自分自身を見ていくことができるのですから。

ウルフガング
フリーハグ
フリーハグ
フリーハグ
フリーハグ
ウルフガング
センシティビティー・トレーニング
センシティビティー・トレーニング
センシティビティー・トレーニング
センシティビティー・トレーニング
センシティビティー・トレーニング
ボトル