オクトー*今月のコラム 『The Wheel of Fortune』
Octo Speace Of Healimg
イメージ
イメージ
オクトーで受講出来るオーラソーマのコースについて
1月コラム「The Wheel of Fortune」
  2008年が始まりました。
  あけましておめでとうございます。
  2007年はあなたにとってどんな年でしたか?

  私にとっては大きな魂の成長と試練の年であったと思います。たくさんのハートの学びをしました。2006年、2007年とハートのテーマを過ごし、そしてさらに2008年、今年のテーマもハートをあらわすグリーンです。

  今年のイヤーズボトルはB10。
’Go Hug A Tree’と呼ばれているボトルです。
3年連続してグリーンに関するテーマが続いていますね。今月のコラムも、年頭に当たってこのテーマを考えてみたいと思います。

  トップページを飾っているのは、福岡、津屋崎海岸の美しい砂の上にたたずむB10。B10は、その名前や色のイメージから木や植物、森などをイメージしますが、海岸にすっと立つB10も美しいですね。
このボトルができた頃、このボトルはエコロジストやナチュラリストの人たちによく選ばれていました。自然を愛する人たちはこのボトルがお気に入りです。
「森は海の恋人」と呼ばれます。森と海はつながっていて、自然の循環を行っています。
森に元気がなくなると、海も病気の状態になります。最近では海で働く漁師さんたちが、山に植林をする活動をしていらっしゃいますね。
海を守るために、森を養う・・・。素晴らしいことだと思います。

  写真のB1の背景はスイスのミューレンにあるユングフラウヨッホの山頂で撮影したもの。B10とB1はオーラソーマのシステムの中では関連を持つボトルです。
夏の間も雪に覆われていても、少しずつ溶け出した雪解け水は滴り落ちて山裾のお花畑や緑を育み、ふもとの町を潤してライン川の大きな流れに合流し、やがて国境線の見えない海へと注がれていきます。
津屋崎海岸のB10も、ユングフラウヨッホの雪解け水と出会っていたかもしれません。

 Vicky Wallは毎朝の散歩の途中、必ずある木を抱きしめて木とつながっていたそうです。木にチューニングすると地球上のどこかで熱帯雨林が破壊されていることや、新しい木がどこかで植えられていることに気がつくかもしれません。
木は根を張って、地球としっかりとつながっているからです。
自然は循環し、私たちもその大きな循環という名の大河のひとしずくであることに気がつくかもしれません。

  B10といえば、タロットでは「運命の輪」(The Wheel of Fortune)に当たります。Mike Boothは運命の輪に関して、こういったことを言っています。

「私たちは種がたくさん入った袋をそれぞれ持っている。あなたが何を植えたかによって刈り取るものは決まる」と。

 袋に入った種とは、私たちのカルマの種。あなたはどんな種をまいていますか?
そして自分が何をまいているのかに気付いているでしょうか。私たちがまいたものも、大きな運命のサイクル(循環)に乗って育っていきます。
ですから、私たちが何をまいているのかに気付いていて、よき種をまいて育てていくことができたなら、すべての存在に調和、onenessが生まれていくのではないでしょうか。

  そのことは、「10」という数字からも推察することができるように思います。
伝統的な西洋の数秘術では、「10」という数字には「瞑想」という名前がつけられています。
私たちの内なる「絶対性」(0)が宇宙と「一致」(1)することで調和に至ることを10が示しているからです。

  グリーンとはまた、天の大いなる意思(ブルー)と小さな個人の意思(イエロー)が合わさってできた色です。
天の意思と個人の意思の調和です。
運命の輪に巻き込まれて溺れることなく、運命のスパイラルにどのように乗っていくのか、決断は私たちのハートの真実に向き合うことから始まるのではないでしょうか。

  B10は以前、 ‘Decision Maker’(決断する人)とも呼ばれていました。何か決断を必要とする人たちにもまた多く選ばれていたからです。
Vickyは、このことに関して、『オリジン・オブ・オーラソーマ』(モデラート刊)の中でこう言っています。

 『出口なしという気分が起こる時には、ある環境や優柔不断な状態にはまりこんでしまったという感覚があるものです。そんな時には私の賢い父いわく「行って、木を抱きしめなさい。太い枝を永遠の祝福の中に広げている、落ち着いて年期の入った賢い木を探しなさい」グリーンはスペースの必要性を助けてくれます』

2008年、ハートの真実は広がって私たちの内なる宇宙と外なる宇宙をスパイラルでつなげていくのかもしれません。
自分自身のハートのスペースに深く入ることは、実はすべてのものとのつながりを持つこと。それが、1と0が合わさったB10の可能性であり、私たちの第4チャクラ、ハートのエリアに働きかけていくグリーンの可能性でもあるのだと思います。

  どうぞあなたも、あなたのお気に入りの木を見つけてチューニングしてみてください。
  あるいはB10のボトルをハートに抱いて・・・。

  今年もあなたが健やかで、幸せで、恐れから自由でありますように。
津屋崎海岸にてB10
B01とB10
スイスのミューレンにあるユングフラウヨッホの山頂で撮影したB01
スイスのミューレンにあるユングフラウヨッホの山頂で撮影したB01
スイスのミューレンにあるユングフラウヨッホの山頂で撮影したB01
行って木を抱きなさい
ゴー・ハグ・ア・ツリー