2007年のイヤーボトルのメッセージは?・・・オクトーの今月のコラム
Octo Speace Of Healimg
今月のオクトー
今月のコラム
イメージ
イメージ
オクトーで受講出来るオーラソーマのコースについて
Vol.25ハートの真実
 2007年が始まりました。あけましておめでとうございます。
 2006年は世界的にも国内でも大きな動きのあった1年でしたね。世の中の変化は加速度を増しているように思えるのは、私一人ではないと思います。日々のコンサルテーションの中にも、個人的な「変動期、変容期」を感じているひとが多かったように思います。変化、変動の中にあって、私たちは個人として何をすべきか、どのように生きていきたいのか、自分自身の内側に様々な問いを投げかけさせられているような気がしています。

 2007年も、2006年に引き続き、“ハート”がキーワード。今年のテーマについて教えてくれる2007年のイヤーボトルはB9(ターコイズ/グリーン:クリスタルの洞窟/ハートの中のハート)とB27(レッド/グリーン:ロビンフッド)です。そして、今月のコラムではオーラソーマのシステムの中でB9ととても深い関わりのあるB87(ペールコーラル/ペールコーラル:愛の叡智)も見ながら、2007年のテーマについて考えてみようと思います。

 B9もB27も下層にグリーンを持っています。グリーンは第4チャクラ、ハートセンターの色。グリーンはまた、“真実”というキーワードを持っています。私たちがハートをオープンにしてものごとを見るとき、真実が見えてきます。ハートは感情のセンターでもありますから、何か心動かされるものに出会ったとき、胸がいっぱいになる感じ、心臓がドキドキする感じなど、あなたも経験されたことがあるでしょう。「感動で胸がふるえる」という表現もありますね。

 たとえば、一枚の美しい絵をみて、ただただ心動かされ、その絵から言葉にできない何かを感じているとき、あなたは「真実」と向き合っています。その時、その絵に使われている絵の具のことや構図のこと、キャンバスの大きさ、技法などのことを分析的には考えてはいないでしょう。瞬間的に心に訴える何かをハートはキャッチすることができます。そしてそれはあなたの中の「真実」を教えてくれているのだと思います。「ハートで感じる」とはそんなことのように思います。

 頭で考えるのではなく、「ハートで感じたとき、真実が見える」これがグリーンの持つメッセージのひとつです。

 B9では、上層にターコイズを伴っています。ターコイズはコミュニケーションの色。ハート、すなわち内面と向き合うとき、深遠な何かが開かれるようです。B9はタロットカードの「隠者」にあたり、隠者は深い瞑想の状態にいるかのように描かれています。伝統的な数秘術では9は神秘を表し、やはり深遠なものとの関わりを感じます。内側の真実はまだ明らかにされない神秘の部分。あなたの内側にはあなたがまだ知らない豊かなものが眠っているかもしれません。どうぞその内側のささやきに耳を傾けてみてください。

 そして、B27ではグリーンは上層にレッドを伴っています。内側の真実を、暖かさと思いやりを持って行動し、生きていく力強さがあります。

 グリーンとレッドの組み合わせは道教の「タオ」の色でもあります。タオは陰と陽のバランスを私たちに教えてくれます。内面の静けさと外側の行動力、女性的な優しさと男性的な力強さ。すべてにバランスがとれたとき、宇宙との一体感が生まれてきます。

 また、B27のレッドとグリーンの組み合わせにはペールピンクが隠れているのをご存知でしょうか。ペールピンクは無条件の愛。B27は私がオーラソーマの神秘と素晴らしさを感じるボトルのひとつです。

 そしてもうひとつ、B9ととても深い関わりのあるのがB87。上下ともペールコーラルのボトルです。B87のテーマは「新しい時代のキリスト意識」。キリストの愛も無条件の愛ですね。ハートの真実に目覚めたとき、神秘は姿を顕わし、未来の約束と希望の光に満ちあふれます。どうか、あなたの中にそれを見出していくことができますように。変動の先の新しい時代へ向けて、光の存在である私たちが目覚めますように。

 2007年、あなたのハートに耳を傾けてください。そしてあなたの真実を見出して、行動に移していきましょう。私たちの平和はひとりひとりの中にある真実を見出すことから始まると私は信じています。

 今年もあなたが健やかで、幸せで、恐れから自由でありますように。
イクイリブリアムボトルイメージ
クリスタルの洞窟
ハートの中のハート
ロビンフッド
ロビンフッド
愛の叡智