Monthly Column VOL.73 「春の光」

まだ薄ら寒い日が続いていますが、風は春の匂いを運んできました。
先月、妹の49日の法要を済ませました。たくさんの暖かいメッセージをありがとうございました。

49日・・・。今まで何度も法事に参加しながら、形式的な参加をしていました。49日の意味も良くわかっていませんでした。

レベル2やレベル3で探求していくことなのですが、オーラソーマでは、49はとても大切な数字です。
49番のボトルは「ニューメッセンジャー(新たな伝達者)」という名前がついています。
49番は、今月のボトルとして掲載している24番のボトルと上下を反転させた色、ターコイズ/バイオレットとして表れています。ターコイズは内面とつながる色。そしてバイオレットは変容です。「私たちが内面とつながり始めることによって、変容が起こる。」それが、伝達者がわたしたちに伝えているメッセージなのかもしれません。
このボトルに続いて登場するのが50番から64番の一連のマスターセットのボトルたちです。マスターのボトルたちにはたくさんの光が入っています。それはペールカラーやクリアーを伴った形で現れています。
オーラソーマでは、「光と意識になんらの違いはない」と教えます。光とは私たちの意識に光がさして、何かを理解するということ。50番のボトルは、5という数字に表される目覚めと0という数字に表されるスピリットを意味し、スピリチュアルな目覚めと解釈されます。

それに先立つ49。
49日の説法の中で、和尚様は、「蓮の葉の上での49日を経て、これからは蓮の花の上で本当の仏になるための修行が始まるのです」と言われました。
それは私たちがオーラソーマで学ぶところの「マスタリーへの道のり」と同じことだと思いました。

マスターは光の存在として知られていますが、マスターボトルの中に顕れているクリアーは月の光にたとえられています。月の光は、太陽の光とは違い、私たちの内面を照らす光として知られています。私たちが目覚めた存在、つまりマスターへの道のりを歩もうとするとき、私たちが内面で凍らせてしまったもの、つまり苦しみを理解する必要があり、そのために内面の苦しみが表面化する必要があるのかもしれません。そのために、月の光は優しく私達を暗闇を見ることへと誘い出すようです。

49日の説法ではまた、和尚様が法然上人の歌を詠まれました。

「月影の 至らぬ里は 無けれども 眺むる人の 心にぞすむ」

この歌が、とても私の心に響きました。
和尚様はこの歌を次のように解説してくださいました。

「闇夜を照らす月の光に、差別は一切ありません。あらゆる場所を、平等に分け隔てなく照らしています。 しかし、どんなに月の光が照らしていても、戸を閉め切って布団をかぶって眠りこけ、月を眺めようとしない人に、月の素晴らしさは決してわかりません。そして月が照らし出すものの美しさもわかりません。」

目覚めとは、内なる光を見出すこと。
眠りこけるとは、内面を見ようとしないこと。

わたしたちは、苦しみや悲しみから目をそらし、布団をかぶって寝たふりをしながら、いつか朝がやってくるのをただ待っているだけなのかもしれません。そしてなぜその苦しみや辛さが自分の人生にやってくるのかわからず、その本当のギフトにも気がつかずに過ごしているのかもしれません。

法然上人の歌に詠まれている本質と、オーラソーマで学んでいることの本質はリンクします。そしてどんな宗教の教えであろうと、スピリチュアルな目覚めについて語られていて、それが私たちにとってとても必要であること、そして目覚めは内側への旅の結果起こるものなのだと再確認ができたような気がします。

49日の日の空は透き通る雲ひとつない青空が広がり、50番のエルモリヤのように、ただそこにある平和と安らぎがやってくるようなそんな予感がありました。そして暖かい日差しを背中に感じながら、妹の遺灰は父の遺灰のそばに、妹の息子の手によって安置されました。日々、周りから妹の存在を感じるものがひとつずつ消えていくようですが、49日を経て、あちらの世界から本当に暖かく私たちを包む存在になったのだと思います。

わたしたちは、自分自身の内面の感情に目をむけることを恐れます。そしてどこか深い部分に辛さを押し込め、ふたをして、いつの間にか忘れてしまってそれがなかったかのように日々を過ごしています。でも、それはなくなっているのではなくて、ただ見えないだけ。私たちが暗闇と呼ぶ部分にそれはあります。
その部分をケアすること。それが月の光で優しく照らすことの意味のように思います。

あなたが春の宵の月明かりを楽しむことができますように。
そして悲しさも、寂しさも、辛さも、怒りも、罪悪感も、悔しさも、いつか生きることの喜びに変容することができますように。

春のイメージ
春のイメージ
春のイメージ
春のイメージ
春のイメージ
春のイメージ
春のイメージ