Monthly Column VOL.64 「オーラソーマ コースの体験」

今月は、オクトーで5月に開催したウルフガングのコースに参加された生徒さんの体験をコラムにとりあげさせていただきました。

初めまして。私は昌子といいます。

5月にウルフガング・ウェーバー先生がオクトーに来てコースをしてくださいました。

ウルフガング先生のオーラソーマのコースに参加した経験をお話させてください。

コース中ずっと私は幸せでした。

疲労や自分の悩みがあってへとへとな部分があるのに、
なぜか幸せでした。

雨音やランチ、歌やダンス、輝いている仲間の顔。

みんなでサークルになって座り、自分が選んだボトルを自分の前に置いたとき、とても美しいと思いました。
そして、それを選んだ受講生仲間たちも。

私は子供のころのように素直でした。
楽しいとか疲れたとか、遊びたいとか、寝たいとか。
何かが私の中でぴょんぴょん飛び跳ねて喜んでいました。

「幸せなまさこ、なぜ幸せなのかい?」

気さくなウルフガング先生は休憩時間に話しかけてくれました。

なぜ幸せなのか。
よく分かりませんでした。なぜ幸せなのか理由を探しました。
何も特別なことはありませんでした。

そんな私にウルフガング先生はこう言いました。

「幸せな理由は分からない。」

なんだかわけが分からないままでしたが、少しして私は気づきました。

理由のない幸福感があってもいいじゃないか。
むしろ、今感じている理由のない幸福感ってなんだかすごくいいなあと思いました。

おいしいものを食べたからとか、友達とおしゃべりして楽しかったからとか、そういったことがなくても、何か分からないけど、幸せ。幸せ。

こういう幸福感はここ何年も味わっていなかったかもしれません。

理由がわからなくてもいいや、幸せな自分をそのまま受け取っておこうと思いました。

ウルフガング先生のコースで大事なことを思い出しました。

何か持っているものが増えなくても、幸せ。

何か私が成し遂げたわけでなくても、幸せ。

幸せを思い出しました。

理由のない幸せは素敵でした。

後でこのコースのときの私の写真を見ると、本当に私かと思うくらい穏やかで柔らかな顔をしていました。

オーラソーマのコースが幸せを思い出させてくれたと思います。

このコースのとき私はB82「カリプソ」を塗っているところでした。上層がグリーンで下層がオレンジのボトルです。

幸せのダンスをするためのスペースが私の中にあるのだと思いました。

幸せを思い出させてくれてありがとう。

オーラソーマとウルフガング・ウェーバー先生にお礼を言いたいです。

みなさんにもすてきなオーラソーマ体験がありますように。

昌子

会場に飾られた花
コース会場
Wolfgang and Masako
写真を撮る生徒たち
修了証授与
イメージ