Monthly Column VOL.61 沖縄にて

2月下旬、突然に思い立って沖縄に家族と出かけてきました。2月の沖縄はオフシーズン。ホテルもビーチもとても静かでした。お天気も気温も期待はしていなかったのですが、私たちが滞在した4日の間、まるで初夏のような青空と24度という気温に恵まれました。

青い空を映して、海は深いネイビーブルーからロイヤルブルー、ターコイズにエメラルドグリーンのグラデーションをなし、本当に美しい自然を楽しむことができました。

いくつかのシンクロニシティーが重なって、すべてがまるで私たちのためにセッティングされていたかのような旅でした。

シンクロニシティーを表す色は何色かご存知ですか。

それはグリーンです。

グリーンは、ブルーとイエローが組み合わさった色。ブルーに表される「汝の意思」とイエローに表される「私の意志」が一緒になるとき、ハートチャクラの色、グリーンが生まれます。

シンクロニシティーとは、「正しいときに、正しい場所にいて、正しいことをする」ことです。すべての時間と空間と行いが一致するとき、すなわち「今この瞬間」に凝縮された永遠にフォーカスするとき、分離から離れ、ハートの中心で物事があるべき姿で行われていることがわかります。

でもそのとき、わたしたちは自分だけの力でこれをなしているわけではないかもしれません。自分で決めたことを一生懸命誠実にこなし、あとは天に任せたとき、汝の意思、つまり大いなる存在の力が働いて、目の前に展開していることに対してハートをオープンにして楽しむことができるのだと思います。

今回の旅も、「忙しいから」「スケジュールが立て込んでいるから」「やることがたくさんあるから」「もう少し暖かくなってから」と急に「行きたい」という気持ちを抑えるための言い訳はいくらでも見つけることができたでしょう。でも、「ハートの小さなささやき」に耳を傾けたとき、すべてはあるべき方向に進んだのだと思います。

個人的なことですが、今回の旅行は家族のためでした。沖縄に行ったことがない妹と母を連れて行きたいとずっと思っていたのですが、なかなか機会がなく、「いつか」といつも思いながら「まとまった休みがとれるとき」と先延ばしにしていました。

でも、「今よ」とささやく心の声が聞こえたとき、私は2月下旬に予定していたフォローアップセミナーをキャンセルすることを決めました。

心の声を聞くことは容易なことではありません。いつもエゴはそれを否定する理由をあれこれ私たちに突きつけます。そしてエゴの声があたかも真実であるかのように考えます。行動はリアクションとして顕れます。

オーラソーマのセンシティビティートレーニング・アンド・サイキックディヴェロップメントのコースでは、リアクションをさせる私たちの中のエゴ、言い換えれば「条件付け」をはずすことをまず初めに行います。「条件付け」が外れていくことによって、私たちの中のエゴの声とハートの声の違いに気づくことができるようになり、ハートの真実に従って生きていくことへの可能性が広がってきます。

サイキックとは、超感覚と訳されますが、それは物事の内側の真実を見極める力だと私は思っています。内側の真実とは、私たちの直観力(センシティビティー)によって認識することができるでしょう。ですから、直観を磨くことは、まず物事を「条件付け」ではなく、「ありのまま」に見て受け入れることから始まります。

グリーンで表されるハートとは、愛や思いやり、優しさを表現する場所でもあります。ですから、エゴがその場所を支配することはあり得ません。

そしてグリーンのキーワードのひとつに「真実」という言葉があります。迷いが生じたとき、ハートの中の自分自身の愛の部分から眺めてみれば、たとえ状況が”No”といっているように見えても、あるいは”Yes”と言っているように思えても、正しい決断をくだすことができるでしょう。そしてその結果から、多くのことを受け取ることができるでしょう。

個人の意思と天の意思がひとつになったとき、私たちのハートは開き、すべてが正しくなされていることに感謝の気持ちが沸いてきます。

沖縄でリフレッシュし、またハートが軽くなりました。たくさんお日様のエネルギーに当たって、エネルギーチャージもしてきました。海風で浄化もしてきました。砂浜に裸足で立ってアースし、グラウンディングしてきました。でも、家族と過ごせたことが私には大きな意味を持ちました。良く笑い、「今」を活き活きと過ごし、生きていることの素晴らしさを実感しました。

急だったにも関わらず沖縄で案内役を申し出てくれた、親愛なるRちゃん、そしてキャンセルに快く応じてくれた生徒の皆さん、旅先で少し体調を崩した家族に思いやりをかけてくださった皆さん、ありがとうございました。

すべての存在がハートの声に耳を傾けて、「今」を生きていくことができますように。

沖縄・オーシャンビュー
ホテルより
さとうきび畑
水族館
沖縄・海
沖縄・岸壁
B21
プルメリア
海岸