オクトー2月のコラム::: バレンタインデー:::
Octo Speace Of Healimg
イメージ
イメージ
オクトーで受講出来るオーラソーマのコースについて
毎月のコラム・Vol.14
 その昔。バレンタインデーのこと。私は一輪の赤いバラの花をいただいたことがあります。日本では、女性が男性にチョコレートをプレゼントし、愛の気持ちを伝える日。そのときは知らなかったのですが、外国では、男性が女性にプレゼントをして気持ちを伝える日のようです。彼は私に対する気持ちを伝えることもしませんでしたし、何も知らなかった私は「ありがとう」と受け取っただけでした。
  あとで「あのときのバラの花ってどういう意味だったのだろう」と考えましたが、そのとき彼は私の近くにはいない存在になっていました。いわゆる“義理チョコ”のようなものだったのかもしれませんが、彼の優しさと暖かい笑顔は赤いバラの花を見ると時々思い出されます。
 あとにもさきにもバレンタインデーにチョコレートやプレゼントを贈ることはあっても、いただくことはありませんでした。毎年毎年、何回のバレンタインデーをすごしてきたことでしょう。いろいろな思い出の残る日、2月14日。

 一年に一度のバレンタインデー。心をこめて思いを伝えたいですね。
 あなたは誰に気持ちをつたえるのでしょうか。片思いの人?恋人?パートナーや同僚の人たちでしょうか。
 愛の気持ちを伝えるのは意外と難しかったりしませんか?照れくささあり、期待ありで複雑な思いの人もいるかもしれません。気持ちを伝えてはみたものの、苦い思いをする人もあるでしょう。
 恋愛は時にハッピーで、時に切なく、そして傷つく経験かもしれません。出会いと別れを繰り返し、私たちは成長していくのでしょうか。愛を学ぶ最初のステップは胸のときめく恋愛からのスタートかもしれませんね。

 あなたは恋愛というとどんな色を思い浮かべますか?
 私たちは恋愛という経験を通して、レッドの情熱的な愛、ピンクの無条件の愛、マゼンタの宇宙の愛、グリーンのハートを開くということを、きっと学んでいくのでしょう。

 1月に行ったメディテーションデイでは、イクイリブリアムと色を使って、陰陽のバランスを取る瞑想を行いました。6本のイクイリブリアムの色を見つめ、その色とエネルギーを体に取り入れていきました。参加者の皆さんは、メールなどでそのときの感想を寄せてくださいました。何人かの方が愛についての気付きをそのときに経験されたようです。色とは自分の中にある大切なものを思い出させてくれるもの。そしてその中でも最も大切なものは愛だと私は思っています。

 思いを伝えるのにバレンタインデーでなくてもいいのですが、せっかくの2月14日。 告白する相手がいるひともいない人も、プレゼントを贈る人も受け取る人も、すべての人が優しく思いやりにあふれた一日でありますように。そして、世界中が愛のエネルギーにつつまれた日となりますように。
ROSE
ROSE