今月はオーラソーマにまつわるエッセイを。自然の中でヒーリング体験
Octo Speace Of Healimg
イメージ
イメージ
オクトーで受講出来るオーラソーマのコースについて
毎月のコラム・Vol.7はアウトドアワーク
 今月はコラムというより、エッセイになりました。
 去る6月25日は毎月配信している壁紙用ボトルの撮影会を行いました。空には少し水蒸気のガスがかかり、煙った空模様でしたが、良く晴れて撮影にはとても良い天候となりました。参加者は私も含めて総勢6人。みんな、オーラソーマが大好きなメンバーです。最年少は4歳のりーちゃん。彼女のオーラソーマ歴は約1年。最近は自分でボトルをチョイスし、マイボトルやポマンダーをお母さんと一緒に楽しんでいます。
 午前10時30分スタート。緑の多い福岡市内にある多目的施設内で行いました。着いて早速ポマンダーやカラーエッセンスを付けてリラックスし、好きなボトルを持って場所探し。木もれ日の陽射しを受けたボトルたちは、きらきらと輝きます。

 私はボトルを持って外に出かけるのが好きです。太陽の光を受けると、ボトルのエネルギーが高まる感じがします。陽の光にかざすとボトルのエネルギーが私に向かって働きかけてくるようです。場所探しをしていると、それぞれのボトルが好きな場所を知っているようにも感じられることがあります。ボトルを持って木の下に静かに座ったり、カラーエッセンスを用いて、自然をただ感じるというワークも私の好きなオーラソーマヒーリングの方法です。

 皆がそれぞれ、リラックスしてぼんやり景色を眺めたり、おいしい空気を深呼吸したり、木陰の涼しい風を感じて午前中の緑の中での撮影は終了しました。

 午後は海沿いをドライブして海の見えるカフェで楽しくおしゃべりしながらランチをいただいたあと、今度は砂浜の美しい海岸へ。
 海開きを前に泳いでいる人たちもいます。

 この日の気温は32度。りーちゃんがバテないかちょっと心配でしたが、海に着いたとたん、元気に波打ち際を走ったり、貝を拾ったりと超ゴキゲンに。

 私とウエブデザイナーのブルーベアさんは、デジカメを持って熱い砂の上で奮闘しましたよ。海でのボトルたちも、元気でした。直射日光と気温の変化にはちょっとデリケートなボトルたちですから、そのあたりは気を使いながらの撮影となりました。

 今月の壁紙となったターコイズのボトルは本当に美しく、海のエネルギーと共鳴しているようで、感動しました。ショップに並んでいるときと、違う表情を見せているようで、折しも、クリアー/ターコイズのボトルを使用中のMちゃんが、
「あのボトル、なんだか、とってもきれいだなーって思いました」
と言ったのがとても印象に残りました。
 その後、砂浜の上の方で日傘の中にいた二人も、いつの間にか波打ち際までやってきて、気がつけば、海の中へ…。みんな足を海に浸し、気持ちよさを味わいました。りーちゃんはおなかまで水に浸かってはしゃいでいます。水着、持って行けばよかったね

 夕方になり、帰路へ。日焼け止めを塗った肌も少し赤くなり、火照っていました。たくさんのボトルと一緒に過ごし、ポマンダーやカラーエッセンスでそれぞれワークをして、自然を楽しんだ、オーラソーマの一日でした。

 もちろん、家に帰ってから、新製品のアポセカリーバームのビタミンE&アロエベラでお肌のケアもしましたよ。アロエのひんやりとした水っぽさがしみこむカンジ。疲れた足にはフットバーム。すっとして、気持ちよく眠れたのでした。

 時にはオーラソーマのアウトドアワーク、いかがですか?

 オーラソーマの製品は自然の中でとてもよく働き、私たちと宇宙や大地、自然とのつながりをより、いっそう感じさせてくれることと思います。